目が悪い人にはかかせないコンタクト

コンタクトレンズは目が悪い人にとっては必需品です。なくてはならないものだからこそ、しっかりとケアしたいですね。 - コンタクトレンズ購入時の処方箋のお話

コンタクトレンズ購入時の処方箋のお話

現在通販で買うこともできるコンタクトレンズ。よく見かけるのは「処方箋は不用」の文字。本当に大丈夫なの?という疑問もありますよね?
はじめての方は特に気になるのではないでしょうか。処方箋で最初に思い浮かべるのは風邪をひいたときにお医者さんからもらもの、みなさんのイメージでは医師から薬剤師への「指示書」といった認識ではないでしょうか?
コンタクトレンズは「医薬品」ではないため、前述の例とは異なる、装用の指示書という扱いになります。薬事法においてコンタクト購入時に処方箋を提出するという法的義務はないのです。
また、薬事法上コンタクトレンズは高度管理医療機器に分類されてはいるものの、医療機関向けのそれと違い、使用者が店から直接購入し日常で使われるものという事から、区別された扱いとなっているのです。
法的な義務はなくとも販売店の方針やメーカーの推奨という理由から処方箋を求めたり、積極的に薦めているお店もあります。安全性に留意した良心的なお店というひとつの基準とも言えるのではないでしょうか。
適切な使用をしなければ思わぬ眼のトラブルに見舞われる可能性もあります、日頃の適切なケアはもちもんのこと、使用期限守り眼科での定期的な検診はするようにしてください。気づきにくい眼のトラブルもあるそうなので、かかりつけ医はあったほうがいいですね。
消費者側から見えにくいところでは「コンタクトレンズ販売営業管理者講習会」といった資格試験が行われており、販売者の質の向上に一役買っているようです。
コンタクトレンズにしようか、眼鏡のままでいいか…いや、レーシックはどうだろう?
選択肢があるからこそ悩んでしまうこともありますよね。それぞれの長所、短所について知っておきましょう。
コンタクトレンズは眼に直接触れる機器のため結膜炎をはじめとするトラブルの可能性は眼鏡と比べ物
になりません。
しかし現在のコンタクトレンズは性能もケアにおいても進歩しており、ルックスの変化もないためコストにおいてアドバンテージがある眼鏡と比べても遜色のない選択肢と言えるでしょう。
そして一般にも普及してきたレーシックですが、費用も高く手術に抵抗がある方も多いでしょう、しかし一度手術してしまえばわずらわしさからは解放されます。
コンタクトレンズは使い捨てが普及し、家では眼鏡でお出かけの時はコンタクトにと、シーンやケアを選択できる利点がありますね。消費期限や装用期間を守れば賢い選択かもしれません。
目的に合わせた選択ができるのもコンタクトレンズの利点です、さりげないおしゃれとして定着したカラコン、黒目を美しく演出できるアキュビューディファインなど、歴史が浅いレーシックに比べ、特別な理由がない場合はニーズに幅広く応えるコンタクトレンズに分があるかもしれません。
眼鏡とコンタクトを機能的に比較しても、レンズ厚によるゆがみもなく視野を広くとれ、眼鏡で矯正できない乱視も解消できます。
それぞれ一長一短はありますが、矯正でお悩みの方はまず眼科医へ相談しご自身の眼の状態を知ることからはじめるようにしてください。